ご利⽤ガイド

GUIDE

ご準備いただく資料

初回送付時、必須資料
01
過去2年分の
確定申告書の控え
02
消費税の申告書
(消費税課税事業者の場合のみ)
お客様の適正な情報を確認する為に必要となりますので、全てのページをご提出お願い致します。
※開業したばかりで確定申告をされていない方は該当しません。
毎⽉ご提出頂く資料
お客様よりご提出いただいた資料をもとに記帳しています。
資料をご準備の上、専⽤封筒に⼊れ、ご送付ください。
1請求書
2通帳のコピー

3仕⼊原価領収証
4領収証・レシート
5出金伝票
STEP01
売上に関する書類と経費をまとめて
必要経費提出封筒に入れる
ご投函の際にご利⽤頂く封筒です。
1:経費計上を希望される「領収証やレシート、出⾦伝票」を⼊れてください。
2:売上に関する「請求書、通帳のコピー」も入れてください。
3:仕入れに関する領収証は領収証表面に「仕入れ」と明記の上入れてください。
 
ご注意点:お預かりした領収証は全て経費として計上致します。
私的利⽤の領収証、医療費の領収証、控除証明書などが混在してしまわないようにご注意ください。
月ごとの仕分けは不要です。
STEP02
封をして毎月10日までに
郵便ポストへ

※料⾦受取⼈払郵便ですので、
ご投函の際に送料のご準備は不要です。
年度の最終提出期日は1月10日です。
ご提出が期日を過ぎてしまった場合、期限内の集計が困難となる可能性がありますのでご注意ください
通帳のコピーに際して
  • ‧ 通帳が複数ある場合は、各銀⾏名が分かるようにして全ての通帳をご提出ください。
  • ‧ 記帳漏れ、ページ抜けのないようにコピーをお願い致します。
  • ‧ 残高部分を塗りつぶさないでご提出ください。
  • ‧ 売上や経費の該当箇所には、 マーカーや内容の但し書きをご記⼊ください。
  • ‧ 事業⽤の銀⾏借⼊がある場合、 必ず返済明細と通帳のコピーをご提出ください。
月に一度(10日目安)のご提出を
お願い致します
※確定申告には期限がございます。
期限を過ぎる事で、控除額の減額、税⾦の延滞⾦などお客様に不利益が⽣じる場合がございます。
当社のご案内期⽇を過ぎて資料をご提出頂いた場合、期限内の計算が難しくなる可能性がございます。
予めご注意ください。

仮申し込み後、詳細のヒアリングと本申し込みの簡単ステップでサービス利用開始!

  仮申し込みはこちら

仮申し込み後、詳細のヒアリングと本申し込みの簡単ステップでサービス利用開始!

友だち追加